プロ選手によるテニス教室


定 員: @10:00〜11:00(150名程度) 
A11:30〜12:30(150名程度) 
B13:30〜14:30(100名程度) 
時 間: @10:00〜11:00(小学1年生〜4年生)
A11:30〜12:30(小学1年生〜4年生)
B13:30〜14:30(小学5年生〜中学3年生)
ゲスト指導者:

新井麻葵、宇野 真彩 、小野田倫久、黒田祐加、坂井利彰、菅野知子、久松亮太、
藤井渉、山本育史 ※五十音順

 

■新井 麻葵(アライ マキ)プロ
1982年12月23日生まれ
【出身】東京都立川市

出身校:藤村女子高等学校
テニスを始めた時期:6歳
プロ転向:2001年2月
WTA最高位 シングルス 425位(2004年6月14日)
       ダブルス  185位(2005年9月12日)

【主な戦績】
全日本ジュニア14歳以下シングルス      優勝
全国中学生テニス選手権大会シングルス     優勝
2000年島津全日本室内テニス選手権大会   準優勝
2004年全日本テニス選手権大会シングルス  ベスト4
      〃           ダブルス  準優勝
2007年全日本テニス選手権大会 ダブルス  優勝

■宇野 真彩 (ウノ マアヤ)プロ
1996年生まれ
【出身】大阪府

第90回関西オープンテニス選手権大会 ダブルス準優勝、
2014GS YUASA OPEN(ITF1万ドル大会)ダブルスベスト8
全日本室内テニス選手権 出場

ジュニア時代から数々の大会で活躍。
2016年からは選手を離れ、イベントやレッスンで活躍中。
その愛くるしいルックスと、放たれるショットとのギャップに驚いてください!

■小野田 倫久(オノダ ミチヒサ)プロ
1978 年1 月31日生まれ


●経歴
・1995 年 全国高等学校総合体育大会テニス競技大会 ダブルス 優勝
・1996 年 全日本学生テニス選手権大会 ダブルス優勝
・1996 年〜 00 年 近畿大学団体4 連覇
・2000 年 全日本選手権大会 ダブルス優勝
・2002 年 プロ転向
・2002 年 韓国アジア大会 団体金メダル
・2004 年 ニュージーランドフューチャーズ優勝
・フューチャーズ シングル5 回優勝 15 回準優勝
JOP最高ランキング シングル3 位 ダブルス4 位

■黒田 祐加(クロダ ユカ)プロ
1985年9月9日生まれ
【出身】岐阜県笠松町

157CMの体格からのダイナミックなストロークが武器!!!
引退後はジュニア育成と日本テニス協会公認でPlay&Stayを指導・女子連さんを中心に活動。
スクールコーチとしての実績もある。
【実績】
日本ランキング最高
シングルス:21位
ダブルス :24位


【経歴】
2004年3月〜05年4月までオーストラリアへテニス留学
2005年 韓国5万ドル出場
2006年 1万$東京国際 単ベスト4
      1万$広島国際 単複優勝
      全日本選手権 単ベスト16 複ベスト4

■坂井 利彰(サカイ トシアキ)プロ
1974年4月9日生まれ
【出身】東京都

ジュニア時代にはUnder18日本代表、高校日本代表に選出。
大学在籍時には、全日本学生単優勝を果たし、ユニバーシアード日本代表、日本代表候補に選出される。
慶応義塾大学卒業後、株式会社日本興業銀行(現みずほフィナンシャルグループ)、ソニー株式会社にて通算5年間の会社員生活を送る。
2000年にプロ転向し、世界的トップコーチであるボブ・ブレット氏に師事。
世界20カ国のツアーを転戦し、全豪オープン予選出場 を果たす。
2006年に引退し、慶應義塾大学テニス部監督に就任
【戦績】
1996年 全日本学生テニス選手権単優勝
1995年 ユニバーシアード日本代表
1992〜1997年 ナショナルチームメンバー
2002年 プロ転向
2003年 全豪オープン出場

■菅野 知子(スガノ トモコ)プロ
1982年7月5日生まれ
【出身】奈良県
2005 年プロ転向
JOP ランキング最高位 S:21位 D:14位

見ている人が思わず「かっこいい」と思うほど華麗なサウスポー・シングル・バックハンドを打ち込む、女子テニス界には稀なテンポの良い攻撃的なプレースタイルを身上とするプレーヤー。高校卒業後、自身の努力でプロになる実力をつけた選手で、本人も大好きな言葉「職人」気質を持った息の長いプレーヤーとして、他の選手達からの信望も厚い。特にダブルスで好成績を残しており、全日本室内準優勝、全日本選手権は 3 年連続ベスト 8。
現在はプロテニスプレーヤーとしての経験を生かしたトップジュニア育成活動やイベントゲスト、さらに Play&Stay で子供向けの普及活動でも全国で活躍中。

【主な戦績】
2004〜06 年 全日本選手権 ダブルス ベスト 8
2006 年 ITF 台湾 シングルス 優勝
2007 年 イザワクリスマス シングルス ベスト 8ダブルス 準優勝
2008 年 全日本室内選手権 シングルス ベスト 8 全日本室内選手権 ダブルス 準優勝
2008 年 ITF サーキット 2.5 万ドル ダブルス 2 勝
2009〜11 年 テニス日本リーグ 準優勝
全日本選手権 本戦 シングルス 7 回 ダブルス 9 回 出場

■久松亮太(ヒサマツ リョウタ)プロ
1981年10月18日生まれ
【出身】鹿児島県

■略歴
5歳からテニスを始め、堀越高校卒業後プロに転向。
テクニファイバーラケット日本人使用プロ第一号。
強烈なフォアハンドを武器に活躍中。

■藤井 渉(フジイ ワタル)プロ
1965年3月24日生まれ
【出身】大阪府

■略歴
1980年清風高校入学と同時にテニスを始め、全国選抜インターハイ団体ダブルスに優勝する。明治大学入学後2年生時、インカレシングルス優勝の成績を修める。その後、ユニバーシアード等に出場する。大学卒業後、プロ転向し「千代テニスクラブ」と所属契約、アシックスと用具契約を結び、国内外のトーナメントに参加。
1994年伊達公子プロのコーチとしてオーストラリアン・オープンへ参戦。その後現役を引退し、望月寛子プロのコーチとして1996年7月まで国内外のトーナメントに参戦。
現在は、テニスの名門、母校清風高校のコーチとして後輩の育成にあたっている。

■現役時代実績
JOP 最高ランキング S・・・13 D・・・13
ATP 最高ランキング S・・・742 D・・・621
1984年 全日本学生(インカレ)・・・・・・・・・・・・・シングルス:優勝
1984/1985年 関東学生・・・・・・・・・・・・・・シングルス:優勝
1985年 全日本選手権・・・・・・・・・・・・・・・・ダブルス:ベスト8
1986年 全日本学生(インカレ)・・・・・・・・シングルス、ダブルス:優勝
1987年 ユニバーシアード日本代表
1988年 プロ転向
1989/1990年 山陰オープン・・・・・・・・・・・シングルス:準優勝
1991年 全日本プロ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ダブルス:優勝
群馬オープン・・・・・・・・・・・・・・・・・・ダブルス:優勝
1992年 群馬オープン・・・・・・・・・・・・・・・・・・ダブルス:優勝
全日本選手権・・・・・・・・・・・・・・・・ダブルス:ベスト8
1994年 全日本ローン・・・・・・・・・・・・・・・・・・ダブルス:優勝

■山本 育史(ヤマモト ヤスフミ)プロ
1971年5月3日生まれ
【出身】静岡県

【主な戦績】
元デ杯選手
インターハイ・全日本ジュニア優勝
91・92年全日本テニス選手権シングルス優勝

ジュニア時代数々のタイトルを手中に収め、'88年インター ハイで堀越高校を優勝に結び付ける原動力として活躍。個人戦も制覇してインター ハイ2冠の栄に輝いた。
高校時代は、増田健太郎、谷澤英彦らと共に「高校3羽ガラス」と呼ばれ、注目を浴びた。プロ転向後、'90年全日本プロ選手権では、予選から勝ち上がり、優勝。'91年においても、2連覇を果たした。全日本選手権でも2連覇。一時、肩の故障で、試合から遠ざかっていたが、'95年シンガポー ルチャレンジャー では、準優勝をおさめ、' 9 7秋にはジャパンサテライトにおいて、総合優勝をおさめた。オー ストラリアオー プンにおいても予選の決勝まで進む。99年より朝日生命に所属し実業団 日本リー グで活躍。02年4月よりグロ ー ブライド所属 「プリンス プロフェッショナル プレー ヤー 」として活動。
*得意なショットはグランドストロ ー ク。(フォアハンド)

※参加対象の記載がないものは、どなたでもお気軽にご参加いただけます。
※各イベントの時間は多少前後する場合があります。
※『当日受付』は、各イベント会場での受付となり、『当日整理券』は、整理券配布所で配布いたしますが、受付は各イベント会場になります。
※イベント内容については、変更となる場合もあります。また、雨天によりイベントが中止になる場合もありますので、お出かけの際は、ホームページをご確認ください。
※貸出用ラケットはご用意しておりますが、数に限りがございますのでできる限りご持参ください。
ページのトップへ戻る

メールに関するお知らせ