車いすテニス体験教室

定 員: 50名程度  
時 間:

@10:30〜12:00 
A14:00〜15:30 

(各回25名程度)


ゲスト指導者: 深澤美恵(元パラリンピック選手)、星義輝、柳 昌子プロ、
※五十音順

 

■深澤 美恵(フカザワ ミエ)

【出身】 福島県

【車いすテニス歴】20年以上

【戦績】
2002年 釜山フェスピック 車いすテニス女子シングルス銅メダル 女子ダブルス金メダル
2004年 アテネパラリンピック 車いすテニス女子ダブルス4位
2005年 全豪オープン車いすテニスクラシックエイト 女子シングルス優勝 女子ダブルス準優勝
2006年 マレーシアフェスピック 車いすテニス女子シングルス銅メダル 女子ダブルス銀メダル
2008年 北京パラリンピック 車いすテニス女子ダブルスベスト8
2002年〜2007年 全日本選抜車いすテニス選手権大会6連覇
国別対抗戦2001年〜2008年出場 2001年女子チーム準優勝、2002年女子チーム3位
現在は、株式会社コロンビアスポーツウェアジャパンに所属し、車いすテニスを続けながら車いすテニスの普及活動にも力を入れている。

■星 義輝(ホシ ヨシテル)

1948年生まれ
【出身】福島県

2歳の時にポリオ発症。歩けなくなった当時は、車椅子がないため小学校への登校は友達に荷物を持ってもらい、這って学校に通っていた。
小学校4年生の時、杖が来るまでは体育はほとんど見学であった。
17歳の時に岐阜県で開催された「第1回全国障害者スポーツ大会」に卓球・水泳・陸上(スラローム)で出場。
18歳の時に星さん初の国際大会となるイギリスのストークマンデビルで開催された大会に出場。水泳は金メダル。スラロームは銀メダルを獲得。
1976年、星さんは28歳の時、カナダで開催されたパラリンピックに車椅子バスケットボール日本チームは初めて参加。その時のメンバーに星さんは選ばれる。
また、個人種目では、このカナダでのパラリンピックでスラロームに参加し、見事金メダルを獲得しました。その後車椅子選手として数々の国際大会に出場。
1990年40歳の時、車いすテニスに転向。
車いすテニスでも、パラリンピックの出場を目指すが残念ながら出場ならず。
しかし、英語が話せないながらも世界ツアーを回り、世界ランキング12位、日本ランキング1位まで上り詰めた。
またその後は、現在車いすテニス世界ランキング1位の国枝慎吾選手のジュニア時代のコーチを務められたり、小学生〜初めて車いすテニスをしたい!と言う方々の指導をされています。
また、昨年は17歳の時に岐阜県で出場した「第1回全国障害者スポーツ大会」が、日本全国の都道府県を一回りして、再び47年ぶりに岐阜県で開催されました。
この大会に実に47年ぶりに出場。第1回大会と最近開催された大会、両方に出た選手は星さんのみ。
また、星さんのの功績は、過去に総理大臣賞や厚生大臣賞も受賞されている。

■柳 昌子(ヤナギ マサコ)プロ
1959年11月11日生まれ
【出身】大阪府

テニスの名門、武庫川女子大学で鍛えられ、1981年の全日本学生室内選手権に続き、1982年の全日本室内選手権でも単・複を制し、一躍、トップスターとなった。
サウスポーのダイナミックなテニスで1984年は国内8大会中、5大会で単・複優勝、国内ポイントランキング及び、賞金ランキングでも堂々の1位となった。
全日本と名のつく大会のタイトルは、1982年から1992年の11年間で、17大会を数える。
1980年から1988年までフェドカップの代表選手として活躍、1990年から
1992年は同コーチを、そして、1993年から1995年は監督を務めた。
現在は、スカイエムプランニングの代表で、テニスの指導をとおして、技術力の向上と、普及に注力している。

 

※参加対象の記載がないものは、どなたでもお気軽にご参加いただけます。
※各イベントの時間は多少前後する場合があります。
※『当日受付』は、各イベント会場での受付となり、『当日整理券』は、整理券配布所で配布いたしますが、受付は各イベント会場になります。
※イベント内容については、変更となる場合もあります。また、雨天によりイベントが中止になる場合もありますので、お出かけの際は、ホームページをご確認ください。
※貸出用ラケットはご用意しておりますが、数に限りがございますのでできる限りご持参ください。
ページのトップへ戻る

メールに関するお知らせ